アトピーは食事で治る?!正しい食事でアトピー症状の緩和

アトピーは重症化すると痛みのような酷い痒みを伴う皮膚炎です。
小さな子どものアトピーの原因の1つには食事があります。
その食事を気を付ける事によってアトピーの緩和にも繋がります。
今回は、アトピーと食事についてまとめてみました。

■アトピーとアレルギーは同じ?

普段私たちはアトピーと呼んでいますが、「アトピー性皮膚炎」が正式名称です。
アトピーとアレルギーの違いは何か?と疑問を持っている人も多いですがどうなのでしょうか?

アレルギーは、食べ物や貴金属や花粉など、ある一定の物に対して、反応します。
ですから、アレルギーを引き起こす物を避ける生活をしていれば症状は起こりません。
ところが、アトピーは「遺伝」「食べ物」「ダニやカビ、ハウスダスト」「環境」など実にさまざまな原因が重なって発症しているため、非常に複雑なんです。
ですから、何か1つの物を避けたとしても症状が治まるとは限らないのです。

ですが、アトピーの大きな原因の1つに食べ物があるのは確かで、それを気を付ける事によって症状の緩和が期待出来ます。

■アトピーを引き起こす食べ物と食事

アトピーはアレルギーを引き起こす食べ物によって症状が表れる事が多いんです。
・牛乳
・マーガリン
・魚介類
・肉類
・卵
・蕎麦
・ナッツ類
・チョコレート
・果物類
・豆類
など、人によって違いがあります。

また、揚げ物のような油っこい食事や菓子パン、甘い物などがアトピーの症状を引き起こしたり悪化させるため、控えてみて下さい。

■アトピーに効く食べ物と食事

反対にアトピーを緩和してくれる食べ物や食事は何でしょうか?
アトピーに効果的とされているのは「食物繊維が豊富な食材」「発酵食品」です。

・玄米
・海藻類
・ヨーグルト
・納豆
・漬物
・ブロッコリー
・ごぼう
などが挙げられます。

これらの食べ物を見てみると、私たちの身近にある食べ物が多くあります。
そうです、「和食」ですね。
つまり、和食はアトピーの症状緩和に効果的なんです。

■まとめ

アトピーと食事には大きな関係があります。
ですが、アトピーを引き起こしやすい食べ物や食事を避けて、アトピーに効果的な食事を心掛ければ症状の緩和にも繋がります。
すぐには効果は出ないかもしれませんが、継続する事が大切です。
まずは、少しでも食事に注意を払ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です