アトピー改善には正しいスキンケア!

アトピーの治療法や改善には、外用薬や内服薬のような薬やストレスの軽減、生活習慣の見直しなどが挙げられますが、正しいスキンケアも大事なんです。
肌のバリア機能が弱いアトピーの患者さんにとって、正しいスキンケアは欠かせません。
今回は、アトピーに効果的な正しいスキンケアについてまとめてみました。

■保湿が良い訳ではない

アトピーの患者さんの肌は、バリア機能が弱くなり、それによって刺激に対して反応しやすくなっている状態です。
そのため、皮膚の表面を保護して機能を再び回復してあげる事が大切です。

ですが、過剰に外側から保湿をしてしまうと、肌自らバリア機能を回復する働きが弱くなってしまいます。

ですから、保湿をすれば良い訳ではなく、適度な保湿を心掛けて下さい。

■アトピーのための正しいスキンケア

具体的にはどんなスキンケアが効果的なのでしょうか?
○保湿剤
アトピーの患者さんに必要な保湿は、「天然保湿因子」「セラミド」「コラーゲン」
「ヒアルロン酸」などが配合されている商品を選んで下さい。
また、入浴後に保湿する場合は、5分以内に済ませるようにして下さい。

○無添加など低刺激
石鹸や化粧品など普段使う物の中には、添加物が含まれている事があります。
添加物はアトピーに悪影響を及ぼすため「無添加」の物を選びましょう。
また、アトピーの患者さんにとって肌への刺激は禁物です。
ですから、「低刺激」の化粧品や石鹸などを積極的に使ってみて下さい。

○しっかり泡立たせる
顔や体を洗う時は、石鹸などはしっかり泡立たせる必要があります。
なぜなら、泡立たせる事で空気が入って肌への刺激が軽減出来るからです。
泡立たせるための専用のネットや、既に泡立った状態のハンドソープやボディソープも販売されているので、上手に活用して下さい。

○こすり過ぎは避ける
汚れを落とそうとスポンジなどでゴシゴシこする人もいますが、こすり過ぎると肌に刺激を与えてしまいます。
また、タオルで拭く時もこすらずに肌に優しく当てるようにして拭いて下さい。

○汗は小まめに拭く
汗にはアトピーの痒みを悪化させる物質が含まれていますし、汗で保湿剤が流れてしまう可能性もあるため、小まめに処理する必要があります。
たくさん汗をかく夏などはシャワーを浴びる、汗は小まめに拭いて下さい。
拭く時もこすらずに優しく拭き取って下さい。

○シャンプーも低刺激の物を選ぶ
アトピーには、スキンケアだけに限らず、シャンプー選びも重要です。
なぜなら、頭皮への刺激にもなりますし、流す時にシャンプーが体にも付くからです。
保湿剤と同じように低刺激の無添加シャンプーを選んで下さい。

■まとめ

アトピーの基本は肌に優しい低刺激のスキンケアです。
ですが、保湿は過度に行うのではなく、適度にすると肌のバリア機能の回復に効果的です。
アトピーの改善のために、普段のスキンケアを見直してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です